業界

プロジェクトの炎上

ブラック企業というものが、まず入社してはいけない会社、入社してしまったならすぐに退職すべき会社であり、それについては疑いようのないことだと思います。例えば、管理職などの要職がパワハラマシーン常軌を逸した言動をするようであれば今すぐ転職するべきでしょう。同様にもし要職でなくても、このような人物がいるような会社は要注意です。いつ自分に矛先が向くかわからないので離職の準備をしましょう。

さて、ひとりふたりの人物を見て離職するというのはリスクが高いと思いますか?実はそうでもないです。要するに、常軌を逸した人物を採用したり、要職に据えたりする場合は経営陣がすでに常軌を逸している可能性が高い、というか間違いなく常軌を逸していると思って良いです。是正を促さないとか、そもそもパワハラに気付いていないのであれば、それは自身の会社に興味がないということになります。会社をよくしようと思っていないということですね。マザー・テレサは言いました、「愛の反対は憎しみではありません。無関心です」。そうです、会社に嫌われているうちはよいのです。会社から興味を持たれなくなったら最後なのです。ましてや自身が経営する会社に興味がないということは、そんな会社に所属する社員は、緩やかに、但し着実に自決の付き合いをさせられていることになります。変化・改善のない会社に未来はまずありません。誰かが改善を促しても、会社の主幹である経営陣にその気がなければどうにもなりません。経営者の推進力がダイレクトに反映される中小企業であれば尚更のことです。

僕自身も経験したことですが、パワハラマシーンによって数ヶ月サンドバックされた結果、その倍以上の期間療養することになりました。療養と言っても、仕事はしていましたが、本調子に戻るまで長い時間がかかりました。これが通院や入院という事態になっていたら経済的にも相応の打撃を受けていたでしょう。

さよならしましょう。

さて、ここからが本題ですが、ブラックをクリアしたあと問題になるのが、仕事を取れない、つまり営業力のない会社です。個人的にはブラックと危険度はさして変わりありません

もしあなたがすでに会社に所属して SE として働いていて、次のプロジェクトが決まらず社内失業状態になったり、取り敢えず炎上プロジェクトの手伝いをさせられたりしているなら、すぐに会社を変えましょう。2021年時点、コロナ禍で混乱の世の中でさえ売り手市場という IT 業界において、仕事が取れない、或いは炎上プロジェクトを受注するようでは会社として営業力なし男くん(或いはなし子ちゃん)です。

これも経験したことですが、僕がかつて所属していた会社は創業以来主に一社の SIer[1]システムインテグレータ:システムを立ち上げる業者の総称だが、業界の慣習として、大手一次請けシステム会社を表すとそこから派生した関連会社以外と取引をしていませんでした。2000年代から2010年代前半まで SE の需要は現在ほど高いものではなく、要員が余ってしまう事態にしばしば遭遇していました。プロジェクトに技術者を派遣して(雇用形態は正社員でしたが)利益を得る多くの IT ベンダにとって要員の派遣先[2]プロジェクトに要員を配属させることをアサインと言うが決まらないことは人件費がそのまま赤字になることを意味します。

そこで数少ない取引先に一点集中で営業するものの、営業をかけられる SIer としてもそもそも仕事がなく、当然発注することが難しいわけですが、義理や付き合いもあって色々と考えて仕事を探してくれたりします。そこでやっと捻り出せるような仕事は…はい、炎上している、というわけです。炎上プロジェクトに従事した経験のある方は多いと思いますが、炎上する工程に立ち会える機会は稀です。われわれ IT ベンダが携わる時点ですでに炎上しているのです。

炎上の大きな流れとして、

  • まず発注元に強権を発動する決裁者がいてシステムに要望を出す。この時点でなぜか納期だけ確定している
  • SIer 或いは発注元に要望の詳細を確認する担当者がいて要件を整理する(要件定義)
  • 発注元が要望の詳細を整理できず、時間だけが過ぎる
  • 痺れを切らした SIer が委託先(われわれ末端エンジニアを抱える会社)に開発を依頼する
  • 開発中に要件が順次確定し、その内容は当初の要望から概ね乖離している
  • すでに開発は進んでいるため、手戻りが発生する
  • すべての要件が確定するが、その時点で開発期間は半分以下になっている

とこんなところでしょうか。その後は火に薪を焚べるが如く技術者を次々に投下、月に5人増え、3人位が脱落する(その多くは行方不明となる)といった事態が慢性化します。一ヶ月休みがない、家に帰れないなどは至って日常です。

上記では 3人の登場人物がいます。発注元、SIer、委託先の 3社です。われわれエンジニアからみた場合、一番の悪者はなんだと思いますか?そうです、われわれが所属する組織、つまり委託先です。

一見発注元が悪者にみえるでしょうか。スマホの普及などにより IT の知見が一般にも浸透している現在では以前に比べ、モーレツな発注元[3] … Continue readingはだいぶ減った印象はありますが、それでもモーレツなお客さんというのはいるものです。そしてモーレツなお客さんを変えたり、やっつけたりすることは絶対にできません。これは人間関係と同じです。他人は変えられないのです。

つまり、そんなお客さんの仕事を SIer から断れない委託先が問題なのです。いくらでもエンジニアを欲しがっている会社、システムはありますし、成果を出せば料金もその分追従していきます。2021年時点でフリーランスの立場から、業務がなく困ることはありません。僕は現在専用のエージェントを利用して業務を請けてますが、ハッキリ言って仕事は好きに選択可能です。所属するプロジェクトでもマネージャの方には信頼をいただいており、寧ろそのことで自分を律する動機となっています。信念を持って真面目に探せば優良な仕事は必ず見つかります。新規営業もせず、その結果仕事がないから火事場にエンジニアをアサインするようなことは怠慢で冷徹と言わざるを得ないでしょう。エンジニアという社会の貴重な財産を燻ぶらせているという意味では社会的にも問題です。言い過ぎでしょうか。

最後にすべての帳尻を合わせるのは、発注元である大企業の部長でも、100人を束ねる歴戦のマネージャでもなく、政府の偉い人でもなく、動くものを作るわれわれエンジニアです。社間でのトラブルで誰かが来なくなったり、絶対無理な納期で契約したり、毎日変わる仕様に最後まで付き合うのはわれわれエンジニアですプロジェクトは始まった時点で勝敗は決定しています。発注元の言いなりになって、とんでもない仕様と納期が約束された時点で、どう傷つかないように負けるかの勝負なのです。例え悪意がなくともそれが理解出来ない会社、われわれを野良犬のように扱う会社は IT 業を名乗る資格はありませんわれわれは誰かの食い物にされるために、何年もかけてエンジニアになったわけではありません。

自分を大切にしましょう。自分を大切にすることであなたの大切な人たちを大切にしましょう。

脚注

脚注
1 システムインテグレータ:システムを立ち上げる業者の総称だが、業界の慣習として、大手一次請けシステム会社を表す
2 プロジェクトに要員を配属させることをアサインと言う
3 発注元:システムを作りたいと思っている最初の組織・企業。システムそのものを利用するエンドユーザとシステムを使ってビジネスを提供するサービスプロバイダに大きく二分される。一次請けはこれに当てはまらない
ABOUT ME
yo
フリーランス、システムエンジニア。

営業・販売、肉体労働などを経て 2007年から IT 業界に従事。文系出身かつ未経験者のため立上りに大変な時間と労力を要する。

新規システム開発を提案から設計・実装・保守・運用まですべての工程を担当する(実装は主にサーバサイド)。その傍ら、他業種・他職種の経験や上記立上りの経験を活かし、教育や業務標準化など、組織の育成に勤む。

私立大学現役合格、現役中退。基本情報・応用情報技術者取得、高度試験はモチベーション確保という観点から見送り。普通免許ゴールド保持者。

趣味は犬。